浪江町民の皆様が集まる場「あっぷるサロン」 令和2年度第6回

弘前大学は、環境省事業の一環として、「あっぷるサロン」を浪江町内のなみえ創成小学校・中学校で毎月開催しています。令和2年度は、「楽しんで学ぶ放射線企画」「健康維持増進企画」「参加者で創りあげる企画」の大テーマに沿った内容を企画しましたので、紹介します。

― 楽 し ん で 学 ぶ 放 射 線 企 画 ―

【楽しく学ぶ放射線の基礎】

表面に全て異なる説明文を記載し、裏面は説明文が当てはまる放射線に関する用語を記載したカード(10種類×2枚の計20枚)を使用して神経衰弱形式とかるた形式のカードゲームを行いました。

事後アンケートでは、放射線に関する基礎知識を学習できた、このような放射線学習会があったら次回も参加したい、などの感想がありました。また、今後知りたい情報として、食品中の放射性物質濃度に関する情報や放射線の人体影響などの意見がありました。

カードゲームの様子

― 健 康 維 持 増 進 企 画 ―

【リラクセーション法(自律訓練法)を身につけてみましょう!】

町内では運動を通した様々な健康関連イベントが行われていますので、あっぷるサロンでは気持ちをリラックスさせる内容を企画しました。自律神経の乱れが様々な心身の不調を引き起こすとされており、自己暗示により意識的にリラックス状態をつくり自律神経を整える訓練法を紹介しました。

また、基礎疾患のある場合の注意点、実施後は消去動作を行うこともあわせて説明しました。体験後は、心が落ち着いた、リラックスできた、眠くなったが終わったあとはスッキリした、身体が楽になった感じがする、初めての経験で良いことと思うので続ける、などの感想がありました。

血圧や不眠、便秘を気にかけている参加者は、翌日から家で訓練法を継続していると話されていました。

自律訓練法の様子

本活動は環境省再委託事業「リスクコミュニケーションに係る拠点の活動支援」として実施しています。